独学で短期合格は可能か?

宅建の勉強法は大きく分けて、独学・通信・通学の3つになります。
ここでは、独学について紹介していきます。

はじめに結論から言うと、宅建を独学で勉強して短期合格することは可能です。
但し、条件が限られます。

1、1日の学習時間が5時間以上
2、すでに基礎知識があり、出題ポイントを把握している

この2点を満たしていれば、1月~2ヶ月の勉強でも合格することが可能でしょう!

しかし、上記2点に当てはまらない初学者や仕事が忙しい人は、
独学で勉強して短期合格は現実的ではありません。

そもそも短期で合格するのと、普通に勉強して合格するのと
トータル的な勉強時間がそれほど変わるわけではありません。

例えば、通常宅建に合格するのに300時間必要だったとしたら、
短期合格だからといって100時間で合格できるわけでありません。
どんなに効率の良い勉強でも200時間は必要です。

それを1ヶ月や2ヶ月でこなさなければいけないのです。

仮に2ヶ月、200時間で合格できるとしても1日約3.3時間、1ヶ月なら6.6時間です。
ただ、独学で効率的な勉強ができるわけがなく、200時間どころか、
300時間も合格するのが難しいと思います。
それで、短期合格は現実的ではありません。

ですから、独学で短期合格するには、
上記のような2つのポイントが必要になるのです。

また、独学で勉強すると言うことは、講義も聴けず、
テキストだけで勉強しなければなりません。
宅建の勉強というのは独特の解釈が必要な法律で、
それを法律慣れしていない初級者がテキストだけで理解するのは困難です。

仮に理解できるとしても、それは学生時代から勉強できる成績優秀者です。

もし、あなたがそうでないのなら、テキストだけで理解するのは困難で、
できるとしても、時間がかかり、短期合格は不可能に近いと思います。

ここまで話した事を理解したら、後は今の自分の環境や学力を考慮して
独学で勉強するべきなのか、そうでないかを決めて下さい。