宅建に短期合格するための学習計画

このサイトをみてくれているあなたが、
どのくらいの期間で合格したいのかわかりませんが、
ここでは現実的な数字として2ヶ月で200時間の勉強を想定して、
話を進めたいと思います。

イメージは以下のようになります。
■1日平均3.3時間
■基礎知識40時間・過去問演習160時間

上記は大雑把な学習イメージですが、
実際はもっと細かな学習計画が必要だと思います。

例えば、普段仕事をしている人が多いと思うので、平日は勉強時間を減らし、
その分休日の勉強時間を多くしたり、集中できる朝や通勤時間に勉強してみたり、
自分なりに工夫をすれば良いと思います。

また、学習内容にも工夫が必要です。
宅建の試験は全体の合格点で合否が決まり、科目ごとに出題数や難易度が異なります。
具体的には、宅建業法が最も出題数が多く点数の取りやすい科目です。
だとすれば、宅建業法の勉強時間を多く取らなくてはいけません。

また、権利関係は出題数が多いのですが、問題の難易度が高いので、
あまり深く追求しないで、毎年出題される問題だけを重点的に勉強して、
後は捨てる言ったようなことも必要です。
間違っても全科目満遍なく勉強する事だけはやめて下さい。
つまり、どのようにすれば無駄なく効率的に勉強できるのか考えることです。

それは学習内容だけではなく、時間の使い方にも言えることで、
少しでも時間が空けば、常に勉強するという癖を付けてください。
その積み重ねが、短期合格につながって行きます。

短期合格するには、無駄な時間や勉強をしている暇はありません。
有効に時間を使い、そしてピンポイントに学習していくことが要求されます。

実際に宅建の勉強をはじめる前は、ここで話ことを考えてから始めてください。
行き当たりばったりで短期合格出来るほど、宅建は甘くはありません。