宅建の合格率と合格点

年度 合格率 合格点
2005年 17.3% 33点
2006年 17.1% 34点
2007年 17.3% 35点
2008年 16.2% 33点
2009年 17.9% 33点
2010年 15.2% 36点
2011年 16.1% 36点
2012年 16.7% 33点
2013年 15.3% 33点
2014年 17.5% 32点
2015年 15.4% 31点

宅建は絶対評価の試験ですが、ある程度合格者の人数を調整するため
合格点が毎年変動します。
ただ、どんなに合格点が高くても、36点くらい取れれば合格出来るようになっています。
つまり、約7割取れば良いということです。

一見7割取るのは難しいように感じますが、宅建試験の約8割は基礎問題で、
しかも過去問の類似問題です。
ということはその8割の問題をどれだけ勉強するかが重要になるのです。

しかし、多くの方は、難易度の高い問題に手を出し、その8割の問題を疎かにしています。
それでは学習量が多くなり、短期合格するどころか、合格すら出来ません。

確かに気持ちはわかります。 基礎問題ばかり勉強していては、
本試験に合格できなのではかと不安になり、 様々な問題に手を出したくなります。

しかし、あなたの目的は満点を取る事ではなく、合格しかも短期合格することです。
そのために必要なことをしっかりと考えてほしいのです。
それが毎年出題される約8割の基礎問題を重点的に勉強する事です。

このサイトで何度もお話しますが、宅建に短期合格するためには
普通に勉強をしてはいけないと。
それは学習内容にも言えることです。

まともに全範囲勉強していては、とても短期合格は出来ません。

重要なことなので、最後にもう一度言いますが、
宅建に短期合格するためには、全範囲勉強しないことです。