通信講座で短期合格は可能か?

宅建に短期合格する可能性が最も高いのが通信講座です。
というよりも、独学で短期合格するということ自体厳しいので、
自然と通信講座を選ばざるを得ません。

通信講座を受講すれば、どの科目のどの項目が毎年出題されるのか教えてくれ、
しかも講義も視聴できるので、勉強の理解も早くなります。

また、分からない事があれば質問にも答えてくれるので、
効率的に学習していけるようになります。
その結果、短期合格の可能性がグット高まるのです。

しかし、その分独学に比べて、費用がかかってしまいます。
通学講座の併設する通信なら、一から学習するとなると10万円はかかり、
通信講座専門校なら3万~6万円くらいです。

そこで、重要なのは学校選びです。
多くの方は高ければ、講座の内容が良いと思い込んでしまい、
通学講座の通信を受講してしまいます。

しかし、あれらの通信が高いのはそれだけ講座が良いわけではなく、
教室を抱えているので軽費がかかるからです。

むしろ、通信講座専門校のほうが、通信で合格させるノウハウを持っているので、
教材の精度は高くなります。
しかも教室を抱えていないため、受講料も安いのです。

例えば、口コミで有名なフォーサイトやCMで有名なユーキャンは、
非常に講座の精度が高く、人気もあります。

特にフォーサイトは、教材の質の高さは他の通信講座を圧倒して、
広告宣伝をほとんどしない分、受講料も安くなります。

ただ、通信講座の場合、どんなに良いところを受講しても、
最終的には自分の意志で勉強しなければいけないので、
しっかりと学習環境を整ええなければいけません。
(自分で勉強する意志がなければ、どちらにせよ短期合格は無理)

また、通信講座の中には、縦長のセールスページでユーザーを煽り、
情報商材を販売しているような怪しいところもあるので、
上記で紹介したようなしっかりとした学校を選ばなくてはいけません。

とにかく、通信講座は良いところを受講できれば、
短期合格の可能性が非常に高くなります。